相武カントリー倶楽部(18H・P72)
住   所 東京都八王子市大船町620
電   話 042-771-8211 予約専用 042-772-3266
最 寄 I C 中央自動車道八王子ICから10キロ
電   車 JR中央線 八王子駅又はJR横浜線 八王子みなみ野駅又は京王線 めじろ台駅
タ ク シ ー 八王子駅から約2500円
クラブバス 八王子駅南口・八王子みなみ野駅・めじろ台駅から運行
クレジット マスター、VISA、UC
加盟団体 JGA、KGA
入会条件 ・30歳以上日本国籍者
・紹介者 5年以上在籍の正会員2名
・JGA、KGAに2年以上在籍者
・女性の入会は女性名義の会員権から
ゴルフ便り(2009年7月)
ゴルフ会員権 相武カントリー倶楽部おおむらさきCCなど8コースを所有して会社更生法になっているパシフィックホールディングスのゴルフ場ですが、その後に新しい買い手がつかないままに運営されている相武カントリー倶楽部でプレーしました。
現在はビーエスアール相武が管理運営しているとのことで利益も出ているので名義変更も出来ると言うことですが、これからどのようになるか良くわかりません。
普通にプレーは出来ますのでメンバーさんはあまり騒いでもしょうがないのではという考えのようです。
ゴルフ会員権 相武カントリー倶楽部10番ホールは改造中でミドルホールですが、飛ばす人はワンオンしてしまうので右ドッグにして距離を伸ばしています。今年中には出来る予定ですが今の経営状態では心配です。
ゴルフ場はあまり良くありませんが、場所は良いので早くメンバーコースとしてきちんと立ち直って欲しい物です。

                 相武カントリー倶楽部の公式ホームページは→ゴルフ会員権 相武カントリー倶楽部公式サイト
ゴルフニュース(2009年6月17日)
3月10日に東京地裁へ会社更生法の適用を申請し、同月31日に会社更生手続開始決定を受けた不動産ファンド大手のパシフィックホールディングス鰍ヘ、グループで保有するゴルフ場8コースの売却を進めていることが明らかになった。
関係者などの話によると、PHIは8コースの一括売却を希望し、5月には入札を行った模様。すでに売却先の候補を絞り込み、2次選考に入っているという。
保有8コースで、買い手が注目するのは会員制の相武CC(東京)、会員が約20名と少ないおおむらさきGC(埼玉)、パブリック制のミルフィーユGC(千葉)と東京近郊のゴルフ場。
注目される入札価格は不明だが、入札者は全体的にかなり低いレベルの価格を提示したとみられる。いずれにしろ、7月までには売却先を決める方向にあるようだが、価格が折り合わず未決定になる可能性も否定できない。
ゴルフニュース(2009年3月11日)
動産ファンド運営大手のパシフィックホールディングス鰍ニ子会社2社は、3月10日に東京地裁へ会社更生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。
同社はパシフィックマネジメント鰍フ商号で不動産ファンド事業を展開、平成16年10月には東証一部に上場するなどで不動産ファンド運営の大手に成長、20年6月に持株会社となり現名称へ変更した。しかし、サブプライムローンに端を発した不動産市況の悪化で資金繰りが悪化、昨年末から中国不動産会社等との支援交渉を続けていたが、合意に至らず今回の事態となった。
負債はパシフィックホールディングス鰍ェ約1636億4600万円、同日更生法を申請した系列の不動産会社のパシフィックリアルティ鰍ェ約994億2900万円、不動産開発会社の有限会社パシフィック・プロパティーズ・インベストメントが約634億4700万円で、3社相殺した負債合計は約1940億円となっている。
なお、パシフィックホールディングス鰍ヘ子会社を通じ、平成17年10月に東軽井沢GC(現・松井田妙義CC群馬)を買収してゴルフ場事業に参入。相武CC(東京)や、おおむらさきGC(埼玉)など大型買収を行い、一時は12コース保有するまで急成長した。しかし、昨年夏から個別売却方針に転換、ジャパンPGAGC(千葉)など4コースの個別売却を進め、現在は8コース保有で1コースの運営受託となっていた。PHIの子会社でゴルフ場運営を行っているパシフィックスポーツアンドリゾーツ葛yびゴルフ場保有の8社は更生法の申立は行っておらず、「ゴルフ場の営業及び支払いは通常通り続ける方針」と話している。
もっとも、今後のゴルフ場の経営・保有方針はパシフィックホールディングス鰍フ管財人やスポンサーに委ねられることになる。

子会社を通じてゴルフ場8コースを保有する不動産ファンド運営大手のパシフィックホールディングス鰍ヘ、3月10日に会社更生法の適用を申請したが、その後の調べで系列のゴルフ場用地を銀行2行に担保提供していたことが判明した。
担保提供したゴルフ場は相武CC(東京)、おおむらさきGC(埼玉)で、他の系列ゴルフ場も同様に共同担保に入っているものとみられる。
PHIは、昨年4月24日に三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行から借り入れた各91億円(計182億円)など計6件の借入金計337億1500万円に対し、同年10月24日と10月31日付けでゴルフ場を担保提供し、ゴルフ場用地の登記簿に°、同担保として、抵当権設定仮登記されていることがわかったもの。
なお、相武CCを経営・保有するピーエスアール相武では「ゴルフ場の運営は順調で利益も出ている。会員権の名変を停止する予定は現在のところない」と説明している。
ゴルフニュース(2007年2月16日)
昨年3月末にパシフィックマネジメント鰍フグループとなった、相武CC(東京)は、3月9日から名義書換を再開する。
昨年9月9日から名義書換を停止していたが、経営会社のピーエスアール相武鰍ノよる新証券発行も済んだ事から、旧会社発行の会員権は9月8日をもって無効にするとしている。
書換料は従来通り1名に付き正会員262万5000円、平日会員は157万5000円。
ゴルフニュース(2006年3月30日)
不動産投資ファンドのパシフィックマネジメント鰍ヘ3月30日、相武CC(東京)を経営する椛兜帥Jントリー倶楽部の株式を取得して、子会社化すると発表した。3月31日に契約・株券引渡し(株式取得代金1000万円)となる予定。
ゴルフ便り
冷夏から一転、暑い日が中旬まで続きましたが、ようやく秋のゴルフシーズンの幕開けを感じさせる気候になってきました。
そこで早速、東京の相武カントリー倶楽部へ行ってきました。正に天高く!の好天に恵まれ相模、武蔵の二国にまたがる丘陵の爽やかな風を受けながら18ホールプレーを楽しんできました。
さて、ショートホールが3つ、ロングホールが連続3ホールのアウトをいつものドタバタプレーで通過しインコースへ。緩やかな打ちおろしの10番、やや打ち上げのショートの11番を手堅くまとめ12番のフェアウェイに第2打地点に来てその異様な臭いにビックリ。これが15番ホールまで続き、さっきまでの爽やかゴルフから我慢のゴルフになってしまいました。原因は隣接する牧場だそうです。ですが、ここも跡継ぎや前記の理由で近々廃業が予定されているそうで、関係者の方にはお気の毒ですが私を始め、臭いに敏感なゴルファーにとっては朗報(申し訳ございません)です。
よく箱庭的コースと表現される同コースですが、タフなミドルホールや打ち上げ、池越えなど変化に富んでおり、250万円の名義書換料が少し気になりますが都心からのアクセスの良さや入会条件もさほど厳しくなく、今の相場はかなり割安感があり、その反映か現実的には品薄状況ですが、是非入会をお薦めしたいコースの一つと確信します。
相武カントリー倶楽部の公式ホームページは→
フローラゴルフ1999年11月号推薦コース掲載文
昭和38年に開場した相武カントリー倶楽部は、開場30年以上の歴史と伝統を誇る実力はゴルフ場。
八王子市にあり、首都圏のゴルファーに幅広く親しまれている。
立地が相模国と武蔵国にまたがることから「相武」と名付けられ、八王子の住宅街に隣接する都心コースで、豊かな樹林が伝統を感じさせ、レイアウトとコースコンディションの良さには定評がある。
経営母体はワシ興産梶B福井に本社を置く小野グループ各社の大口株主であり、アルミ熱間鍛造業の国内最大の企業として知られている。小野グループの主要企業には、自動車用アルミホイール製造業のワシマイヤー梶A単独ブランドアルミホイールとして国内トップの日本BBS梶A埼玉に約1万坪の倉庫を持つ小野倉庫椛シがある優良企業グループだ。
平成4年に経営を引き継いだ後は、相武CCの伝統をいい意味で生かしつつ、新たに積極的な運営を行って評価を高めている。
経営交代後にグリーンをサンド化し、コースのクオリティがより高まった。
それまでも「コースにお金をかける」ことで知られていたが、各ホールの改善にも意欲的に取り組んできた。
一昨年には5人乗り乗用カートを導入している。まだ具体化はしていないが、クラブハウス新築の計画もある。
地形的には、多摩丘陵の尾根づたいを中心に、豊富な樹木に縫うように18Hが展開している戦略的な丘陵林間コース。地形を巧みに生かし、打ち上げ、打ち下ろし、ドッグレッグのホール等変化に富んでおり、飽きない魅力がある。
会員数も適正であり、立地条件も良く、コース内容も良い。会員権市場でも注目すべきゴルフ場だといえる。

問 合 せ
下記のフォームに必要事項をご記入の上「送信」ボタンを押してください。
文字化け防止のため半角カナ文字は使わないで下さい。
お名前(必須)  全角
フリガナ  全角カタカナ
ご住所  〒  
電話番号(必須)  (半角数字、例:03-3516-3751)
連絡先場所(必須)
メールアドレス(必須)  (半角英数、例:floragolf@floragolf.co.jp)
売買区分
会員権種別
希望価格 万円(年会費、手数料、書換料等は除く)
その他お問い合わせがございましたら御記入下さい。
 

会員権相場/当社売買物件/Golf News/推薦コース/税金について/問合せ・注文/ゴルフ便り/会社案内/ニギリ/サイトマップ/HOME