小田原城カントリー倶楽部(18H・P72)
住   所 神奈川県小田原市根府川667
電   話 0465-29-0111   予約専用0120-568-171
最 寄 I C 西湘バイパス石橋ICから10キロ
電   車 JR東海道本線 根府川駅又は東海道新幹線 小田原駅
タ ク シ ー 根府川駅から約15分
クラブバス 根府川駅から運行
クレジット マスター、ダイナース、JCB、VISA、AMEX、UC、DC、UFJ、セゾン
加盟団体 未加盟
入会条件 特になし
ゴルフニュース(2012年1月13日)
小田原城CC(神奈川)は昨年12月16日から名義書換を再開するとともに、会社情報や会員数などを明らかにした。
名義書換料は、正会員が31.5万円で2親等以内と同一法人内5.25万円、平日会員(土可と土不可あり)が21万円で2親等以内と同一法人内が無料となっている。年会費は正会員3.15万円、平日会員1.26万円で、入会条件は外国籍の入会も可能とするなど特に無いが入会審査は行う。
昨年12月現在の会員数は正会員が2044名、平日会員が99名と報告している。
ゴルフニュース(2011年8月8日)
小田原城CC(神奈川)を経営する鰹ャ田原城カントリー倶楽部の更正計画案の決議は7月25日締切りの書面投票で行われ、賛成多数で7月31日に東京地裁から認可決定を受けた。
決議結果の詳細は不明だが、更生担保権額の部では100%、更生債権額の部では80%以上の同意で、再生法の可決要件を満たした。
計画案は鰹ャ田原城カントリー倶楽部の資本金7000万円の全額を消却し、新たに発行する1400株(7000万円)をスポンサーに選定された兜カ芸社に割り当てる。
会員に関する更生条件の基本は、継続会員は預託金の1.25%が新預託金(新預託金証書交付、10年据置)となり、退会会員(退会届出が必要)には更生計画認可決定確定の日から3ヶ月を経過する日の月の末日に預託金の1%を一括弁済する。
この他に、更生手続きに入る前に退会を届け出た又は年会費未納で除名処分になった会員や、退会し預託金の一部返還を受けた会員への更生条件も定めている。
ゴルフニュース(2011年6月13日)
小田原城CC(神奈川)を経営し、一部会員の申立で昨年9月30日に東京地裁から更生手続開始決定を受けた鰹ャ田原城カントリー倶楽部は、このほどスポンサー支援型の更生計画案を会員等の債権者に送付した。
同社は、フィナンシャルアドバイザーを迎えスポンサーを募り、兜カ芸社をスポンサーに選定している。
計画案では、営業委託契約でトラブルがあったことなどを含め、更正手続きとなった経緯を述べている。また、老朽化が著しかったクラブハウスと傷んだコースの改修の為、今年1月27日から4月15日までクローズして改修工事を行い、翌16日にリニューアルオープンしたことも報告している。改修工事の資金は、文芸社からの借入れで調達したとしている。
再建の基本方針は、鰹ャ田原城カントリー倶楽部の資本金7000万円の全額を消却し、新たに発行する1400株(7000万円)を文芸社に割り当てる。
債権者への弁済率は、一般債権者(確定債権額26億5496万円余)に対しては債権額の1%で、更正計画認可決定確定の日から3ヶ月を経過する日の月の末日に一括弁済(他退会会員等も弁済日は同じ)する。
会員に関しては、@同CCに年会費を支払っている“在籍会員”(届出会員口数2167口、確定債権額17億3799万円余)、A退会を届け出た又は年会費未納で除名処分になったが預託金の返還を受けていない“退会会員”(1747口、15億1404万円余、以下=退会会員Aと表記)、B退会し預託金の一部返還を受けた“退会会員”(103口、4556万円余、退会会員B)の3種類の会員がおり、それぞれ異なった対応をする。
プレー権の継続を希望する在籍会員は、預託金の1.25%が新預託金(新預託金証書交付、10年据置)となり、退会を希望する在籍会員は退会届出が必要で預託金の1%を弁済する。退会会員Aでプレー権の継続を希望する会員は退会撤回を届け出ると預託金の1.25%が新預託金(同)となり、届け出なかった場合は1%を弁済する。また、退会会員Bは会員としては復帰出来ず退会扱いとなり、預託金未返還部分の1%を弁済する。
担保権については“新しい債権額”として2700万円(文芸社関連で確保済み)と1169万円の合計3869万円で存続する。確定債権総額は59億5764万円余(4071件)となっている。
尚、更生計画案の決議は7月25日締切りの書面投票で行われる。
ゴルフニュース(2010年12月22日)
小田原城CC(神奈川)を経営し、9月30日に東京地裁から更正手続開始決定を受けた鰹ャ田原城カントリー倶楽部は、入札によりスポンサー候補を締結していることがわかった。
スポンサーに選定されたのは、兜カ芸社。
鰹ャ田原城CCへの支援額は定かでないが、諸費用を含め推定で3億円近くになるとみられる。
スポンサー選定が終了したことから、管財人は従業員や理事会にその旨を報告。同CCの理事によると、理事会はスポンサーに全面協力をする方針となり、これまでスポンサー入札の実施に反対していた「小田原城カントリー倶楽部を愛する会」もスポンサーに協力する方向に転換したという。
ゴルフニュース(2010年9月24日)
小田原城CC(神奈川)を経営する鰹ャ田原城カントリー倶楽部の保全管理人である八木弁護士がスポンサーを入札で募集することが明らかになった。
フィナンシャルアドバイザーは、ゴルフ場M&Aあせんで斡旋で実績のある住友不動産販売鰍フM&A事業部。
10月21日に第1次入札を実施、11月16日の第2次入札でスポンサー先を絞り込み、11月中に決定する予定。
ゴルフニュース(2010年8月30日)
小田原城CC(神奈川)は、今年5月1日に経営権を取得したとする兜x士商会が経営主体となってゴルフ場を再建するとして、会員権の分割や会員権の買取り等を会員に提案。この際、旧経営会社は債務超過で事実上破綻の状況にあると案内し、会員間に動揺が広がっていた。その兜x士商会は8月1日付けで同CCを会社更生法で再建する“事業再生に関するお願い”を会員に通知。従業員の未払い給与の支払いやコース管理等で運営が改善したと報告するも、前経営会社との経営権を巡る争いや74億円にものぼる債務超過から同社として経営を維持することは困難とし、更に市川造園をスポンサーとする民事再生法の申請が考えられるとして、前経営者へ経営が戻らないよう会員による自主株主運営案に協力することにしたと案内した。
そして8月10日に会員17名が債権者として東京地裁に鰹ャ田原城カントリー倶楽部の会社更生法適用申請を行った。
申立書によると、会員数は6500名以上、会員の預託金額は50億円を超え、負債総額は70億円程度と推定。会員への預託金返還に応じることもゴルフ場経営を継続することも困難として、現経営陣の排除を求めた。
一方、鰹ャ田原城カントリー倶楽部は、富士商会が会員に通知した8月1日までに富士商会側を排除し、ゴルフ場の支配権を回復したことがわかった。富士商会に占領された5月以降も係争を続けていた模様で、支配権回復後に更生法申請をされた為、現在対応に追われている模様。
いずれにしろ調査委員による調査結果や意見は9月10日までに裁判所に提出されることとなっている。
ゴルフニュース(2010年6月18日)
小田原城CC(神奈川)の会員に対し先月、“事業再生の件”と題した通知が届き、様々な憶測が飛び交っていたが、その通知や倶楽部側の対応がこのほど明らかになった。
文書は、兜x士商会名で出され、5月1日を持って同商会にゴルフ場の経営譲渡を行ったこと、同商会が経営主体となって同ゴルフ場を再生すると報告。旧経営会社の鰹ャ田原城カントリー倶楽部及び潟Oリーンプランニングは金融機関からの借入金及び預託金債務により約74億円の負債があり債務超過で、前経営者は事実上破綻の状況にあるとしている。
そこで同商会が経営主体となって、@金融機関と交渉を行い債務を圧縮、Aゴルフ場運営収支を改善、B会員の預託金も圧縮し、ゴルフ場を健全化させる―という。
以上の様な状況から旧経営者より預託金返還依頼を約束している会員には、支払できないと陳謝。代わりに以下の4案を提案している。
@会員権の分割=5月15日に理事会の承認を受けて会員権を最大4口まで分割可(分割会員権の譲渡は今年8月末まで名義書換料無料、来年度から既存会員を含む会員の年会費を減額して一律税別で2万円に)、Aプレー権への切替による買取り=同社指定の中央ゴルフサービスが1万円で買取り、その代金をもって無額面のプレー権を発行(8月末まで名義書換料無料、その後も有料で譲渡可)、B会員権の買取り=同じく中央ゴルフサービスが2%相当で買い取り、損益通算が可能、C未納年会費の放棄=今年度の年会費(3.15万円)を6月末までに納入すれば過去の年会費の滞納があっても全額の支払を免除するとし、年会費の振込先を案内。
また、プレー料金(セルフ)を平日で会員4千円、ビジター8490円、土・日祝日で会員9千円、ビジター1万3千円と案内。
予約業務拡張の為「0120-568-171」の予約専用無料回線を開設し、電話番号も変更した。

問 合 せ
下記のフォームに必要事項をご記入の上「送信」ボタンを押してください。
文字化け防止のため半角カナ文字は使わないで下さい。
お名前(必須)  全角
フリガナ  全角カタカナ
ご住所  〒  
電話番号(必須)  (半角数字、例:03-3516-3751)
連絡先場所(必須)
メールアドレス(必須)  (半角英数、例:floragolf@floragolf.co.jp)
売買区分
会員権種別
希望価格 万円(年会費、手数料、書換料等は除く)
その他お問い合わせがございましたら御記入下さい。
 

会員権相場/当社売買物件/Golf News/推薦コース/税金について/問合せ・注文/ゴルフ便り/会社案内/ニギリ/サイトマップ/HOME