阿蘇やまなみリゾートホテル&ゴルフ倶楽部(27H・P108)
住   所 熊本県阿蘇郡産山村大字大利630
電   話 0967-25-2331
最 寄 I C 九州道熊本ICより40キロ
電   車 豊肥本線 宮地駅
タ ク シ ー 宮地駅から約20分
クラブバス なし
クレジット UC、DC、JCB、VISA、AMEX、UFJ、ダイナース、BC
加盟団体 GUK、NGK
ゴルフニュース(2004年10月7日)
8月20日付けで東京地裁から破産宣告を受けた旧・緑営グループ5社が経営していた5コース(他にショートコース1コース)の買受先がほぼ固まった。
韓国系企業のゴールドキャッスル鰍ヘ鹿北GCを買収し、10月1日からクラブ名を「鹿北ゴルフクラブ&スパリゾート」(熊本)と変更して新生スタートさせた。また、阿蘇やまなみホテル&GCも買収手続中で、近々にも手続きを終了して、「阿蘇リゾートホテル&ゴルフクラブ」(熊本)のクラブ名で営業する予定。
これに伴い両クラブを共通会員制にし、韓国で募集を開始する計画という。
また、共通会員の募集は、韓国のみで行い日本では募集しないとしている。募集金額は日本円で数百万円になるようだ。
両ゴルフ場は、旧・緑営グループで8月20日に破産となった東京リゾート鰍ェ経営していた。
ゴールドキャッスルは、破産管財人から買収したもので、買収価格は約5億5000万円(阿蘇=3億638万円余、鹿北=2億4300万円)。
ゴルフニュース(2004年7月22日)
東京地裁は7月19日付けで、昨年8月4日に民事再生法を申請した緑営グループ9社の内の5社に対して民事再生手続きの廃止決定を下した。
今回の廃止決定で、5社は破産手続きに移行することになるが、5社の経営する計5コースの会員のプレー権は保障される見通しだ。
廃止決定を受けたのは、阿蘇やまなみRホテル&GC(熊本)・佐渡GC(新潟)・鹿北GC(熊本)の3コースを経営する東京リゾート梶A猪苗代GC(福島)を経営する猪苗代高原リゾート梶A岐阜SCC(岐阜)を経営する椛h水峡開発と、ゴルフ場運営会社の九州リゾート梶A中越観光開発鰍フ5社。
負債額は推定ではあるが再生法申請時点で、東京リゾートから順に391億円、85億円、117億円、1億円、4億円で、5社計では約598億円となっている。
緑営開発鰍中核とした緑営グループ9社は、ゴールドマン・サックスグループ入り直後の昨年8月4日に再生法を申請、今回廃止決定となったのは、その内の5社。ちなみに、緑営開発鰍ニ東京湾観光鰍ヘ今年4月に再生計画案が成立しているが、緑営建設鰍ニ緑営観光サービス鰍ヘ破産になっている。
5コースの売却先はほぼ決定している模様。
買収する側は預託金を引き継がないが、買収先には「会員のプレー権は保障する」旨の条件を付けており、会員は従来通り会員としてのプレーは可能なようだ。

問 合 せ
下記のフォームに必要事項をご記入の上「送信」ボタンを押してください。
文字化け防止のため半角カナ文字は使わないで下さい。
お名前(必須)  全角
フリガナ  全角カタカナ
ご住所  〒  
電話番号(必須)  (半角数字、例:03-3516-3751)
連絡先場所(必須)
メールアドレス(必須)  (半角英数、例:floragolf@floragolf.co.jp)
売買区分
会員権種別
希望価格 万円(年会費、手数料、書換料等は除く)
その他お問い合わせがございましたら御記入下さい。
 

会員権相場/当社売買物件/Golf News/推薦コース/税金について/問合せ・注文/ゴルフ便り/会社案内/ニギリ/サイトマップ/HOME